06
TOP IMAGE
http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日を信じて、今を生きてる

今回、ステージの上の5人を観て、そんなことを感じました。











ただいまで~す!!!

ケイタイがどうなったかとか、カバンがどうなったとか、こぼれ話はたくさんあるんですが、とるもとりあえず、先にコンサートの感想を・・・。

曲のセットリストや、誰がどのとき、どんなことをしたっていうことは、もうとっくにいろんなところに上がってるだろうし、皆さんも読まれてることでしょうから、私は、自分が感じたことだけを、今回はここに書いてみたいと思います。

万が一、ここに、セットリストだの詳しいレポを期待してる方は、ここでまわれ右してください!(いや、私に詳しいレポを期待してる人は、いないであろう。笑)














2日目のラストのラストに、コーキっちょに『やっぱり、KAT-TUNのハイフンは、お前らしかいない』(言い回しが違ったら、ごめんなさい)と言ってもらえたことが、すべての悲しみを洗い流してくれたように感じたことをまず明記して。












アリーナツアーでは、コーキっちょが『心配かけて、ごめん』と、何度も謝ってくれて、『コーキ、もういいよ~~~。謝んなくっていいよ~~~。』って思ってたんだけど、今回は、彼らの口から、そういう言葉は出てきませんでした。

そこが、アリーナツアーとの大きな違いのように感じました。

そして、彼らが今、どんな心境でいるのかを見せてもらった気がしました。













過去をムリに忘れようとするわけでもなく、

振り返って懐かしがったり、『あのころはよかった』って思っているようなところもなく、

未来に不安や焦りを感じているわけでもなく、

ただ、今目の前にあること、もの、人を、その目で、その心で、ただまっすぐにストンと受け取り、受け容れ、それぞれの中で深くじっくりかみ締めながら、今このときを大事に、今ここに、魂のすべてを注ぎ込み、すべてを包み込んでいる・・・

5人がそれぞれ、そんな気持ちで舞台の上に立っていてくれているように感じました。











あの広いドーム全体が、彼らが大きく広げた腕の中にスポンって入って、あったか~く抱きしめられた・・・そんな2日間でした。












アルバムの曲の中にある歌詞のあちこちに、彼らの想いが込められていることは感じていたけれど、こうして生で歌声を聴くと、そのことがますます確信されたような気持ちになりました。

KAT-TUNの『-』である私たちに、彼らがどれだけの愛情を注いでくれていて、そして、彼らがどれだけ深く私たちを信頼してくれているのかを、強く強く感じて、涙が止まらなくなりました。











不思議だったのは、目の前に居る5人の向こうに、もう一人のKAT-TUNメンバー、赤西くんの姿を垣間見たような気持ちになったことです。

なんの曲だったのかな。なんか、あまりにもそのイメージが強すぎて、なんの曲だったかまでは、覚えていません。

5人は前を向いていて、5人の後ろの赤西くんは、横を向いている感じでした。
その横顔は、慈愛に満ちたような表情をしていて、例えるなら…そう、菩薩のようなイメージ?

明らかにそれは、5人とはもう向いている方向が違って、目指していく未来が違って、踏み出した1歩が向く方向は明らかに違うんだけど、それでも一緒に、足並みをそろえてスタートを切ったような、そんな映像が浮かびました。

6人全員が、ほんとうにいい表情をしていて(実際、5人はとてもいい表情をしていました)、その先に見えるのは、明るい未来。そんな感じ…???











そこに、赤西くんが居ないことが悲しいとか淋しいとかいうのではなくて、ただホントに、お互いが目指すべき場所が違うものになったんだということ、けれどそれは、どちらも明るくて眩しいイメージの未来であり、そこにはどんな悲しみも不安も存在していない・・・そんな感覚?












そして、いつか、もしかしたらそう遠くない未来(?)に、KAT-TUNのコンサートに赤西くんが飛び入りで遊びにやってきて、『あのとき、ああだったよな~』なんてことを笑いながら、わちゃわちゃとじゃれあっている、そんな映像まで思い浮かびました。

ああ、もしほんとうにそんな日が来たら、私たちはその光景を、どんな想いで見るんだろう!













今書いたことは、ほんとに私が勝手にイメージしただけのことなので、誰にわかってもらおうとか、誰にその気持ちを押し付けようとか、そんなことはまったく思っていません。

でも、その想像が、自分にとってはなんだか楽しいっていうか、ちょっとウキウキするような映像だったので、『へ~、さんちゃんは、そんなふうに思ったのか~』っていう程度に、読み流してもらえたらありがたいです。

















それにしても!!

我が王子の、美しかったとことときたらもうっ!!!!!!!!
















あまりの美しさに、『やはりこの人は、神様の祝福をその一身に受けて生まれてきた人なんだー!!!』という思いを、更に強くするばかりでした。













『和』のテイストのときの、前を肌蹴た着物姿に、うっとり…。
でも、思わず、『おい、そこ! キミには、般若のお面はいらんだろう!!』って突っ込みたくなりました。
私は、じゅんくんの、いわゆる『般若顔』が大好きなので、そこ、お面とって、般若顔してくれたらもっといいのいな~~~って思わずにはいられませんでした。

チラリズムがなんともいえんかったなぁ…。大好き、あの筋肉。(←この感じ方は、立派な『乙女』ではないのは、百も承知!)







アコースティックコーナーの、赤に金の飾りの衣装は、どこの国の王子様ですか!?ってな感じだったし、お馬さんに乗って、パカランパカランしてるときの、髪の毛がサラッと風になびく感じ!? 
なんですか、あの美しさはっ!!!!!!!!

なんなんですかーーーっ、あの、神々しいまでに彼を包む、金の光はぁぁぁあぁああああーーーーーーーーーーーっっ!!!!!!(←幻ですか?)












もう、あまりの美しさと、あまりの好きさ加減に半ばウンザリしつつ、それでもやっぱり、目はずっと、田口くんを追ってしまった、東京ドームの2日間でした。













1日目は、アリーナE8ブロック。
バックステージに来てくれたら、実質上前から4列目くらいの位置で、田口くんのかわいいオシリに目が釘付けになったりもしたな~。

ほんとに近かったので、あまりの眩しさに、『ま、まぶしーぃっ!!!』ってぶっ倒れそうになりました。(笑)

4年ぶりに、頭上をムービングステージが通過してくれ、それも本当に嬉しかった!!!

けど、1回目のときは下から透けて見えたのに、2回目のときは、透けて見えなかったなぁ…残念。












1日目は、ゆっちのソロのときに4人がバックで踊るって聞いてたのにもかかわらず、見てなかったのかなんかわかんないけど、それに気づけなかった私。

コーキっちょのソロのときに、前は女性ダンサーがついたって聞いてたのに、今回はついてなかったので、『あれ?構成が変わったのかな?』って思ったのがいけんかったんかな~。
思わず、ゆっちのバックを捜すのを忘れてました。たはは。
2日目は24ゲートだったので、メインステージに向かって左側から、しっかり観ましたけどね! たはは。











そして、うえぴーのソロ!

初日は、歌詞をまったく見てませんでした。なんの予備知識もつけずに観ての感想が、


『あらー、うえぴー、眠ってる姿は、天使みたーい! あれ? 起きたらいきなり、女王様になった?』って感じでした。階段下りて踊る姿は、『あら? 王子?』って思ったんだけど、アレ、タイトルが『マリー・アントワネット』だったんですねぇ。

2日目はしっかり歌詞を見たんですが、『私をもっと喜ばせなさいよ』的な、ものすっっっごい女王様っぷりにベックラ!!

でも私、うえぴーの足元に跪いて、その足で蹴られても踏んづけられてもいいわーーー・・・だなんてことを、半分以上本気で思ってました。いやむしろ、『足蹴にしてください』って土下座したくなった。(笑)
あっぶねーーー!!!

なんか、このソロはもう、これで終わりってゆってたね。
そのイメージでソロコンを構成するって言ってたかな。

ってことは、京セラではどんなソロになるんだろう…?と、また新しい楽しみが出来ました。














田口くんに関しては、ただただ、ただもうその崇高なまでの美しさに感服するのみ!

MCに参加すると、『残念』(?)な部分もあったかもしれないけれど、なんせ音がワンワンするので、半分ちかく何を言ってたのかが聞き取れてないのがもったいないな~~~。

でも、あの完全なる美を堪能することが出来たから、もう満足!!

芸術を愛でるような想いで、田口くんの動きを追いかけてました。
ああ、ほんとにほんとに、すばらしいっ!!!

ほんとにほんとに、いとおしいっ!!!!!!















全体的には、なにやらもう、KAT-TUNの新しい船出というか、また新たに始まる舞台の序幕というか…。
舞台で言うと、新しい幕へのプロローグ?みたいな感じを強く感じたライブでした。

今後の6人に期待!!!
ここはあえて、『5人プラス1人』というのではなく、『6人』と、私は言いたいです。

















なんか抽象的すぎて、ちっとも感想になってない気もしますが…。

でも、ひとまず私が感じたことの断片くらいは書けたと思うので、このエントリーはとりあえず、ここまでということで。

1ヶ月先に、京セラでまたどんなことを感じるのかな。それがとっても、楽しみです!












あとで、コンサート以外の、ハプニング特集をお届けしたいと思います!

ほんっと、タイヘンだったんだから~~~~~~














● COMMENT ●

ありがとうございます♪

ゆみっぺさん♪
わーん、コメントありがとうございます~ぅ!
いえいえ、こんな拙い文章ですのに…v-356
白馬の王子は、ありえないくらい美しいですよ~~~ぅ!!!
絵にも描けない美しさ!って感じです。
DVDに絶対入れてほしいですね~!!!
でも、そろそろ、ブルーレイも出してほしいなぁ・・・。
あ、さんちゃん『さん』は、ナシの方向でお願いします。(笑)
親しみをこめて(←条件つき!?)『さんちゃん』と呼んでくださいね~♪

こんばんは~(^o^)ノ

さんちゃん(さん^^)のステキな感想に~
上手く言えないけど(文才が無くて)~同感です!!
KAT-TUNの「-」で、私達は幸せね♪

白馬の王子~!!早くDVDで確認したい!!(気が早っ!笑)
そして私も~いつか頭上をムービングステージが通過するのを
体験してみた~い!!

京セラも楽しみですね!!

ほんとに…

a.m.さん♪
ほんっと、あっとゆーまでしたねぇ!
お寿司やさんであんな話題になるとは…って感じでしたが、いっぱい笑って、いっぱい楽しかったですね!
確かに今回の田口くんは、かわいいというより、かっこいい!っていう場面が多かったですね~~~。

髪をなびかせながらの、パカランパカラン姿は、リアル王子だったなぁ!v-343

あの人を観るたびに、神様ってセンスいいなぁ!って思わずにはいられませんです、ハイ。(笑)

さんちゃん、駅まで見送りありがとね 短い時間だったけど楽しかった~ 田口くん、昨夜は可愛いよりかっこいい~度合いの方が大きかったです。 また大阪でね

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/tb.php/3317-83f49454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

困ったこともあったけど、楽しかったぁ! «  | BLOG TOP |  » 守られてる(?)

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

日々のちいさなしあわせに、ありがとう!

生まれてきて良かった。 あなたに会えて良かった。

私が私で良かった。 あなたがあなたで良かった。

Presented by KAT-TUN

KAT-TUN is always %together with us.

さんちゃん

田口淳之介君とKAT-TUNが大好きです。 イラストと文章で、地味に応援していきたいと思います。

さんちゃん

Author:さんちゃん
”ありがとう教”所属、さんちゃんと申します。(はぁ!?)
KAT-TUNのこと、田口くんのイラスト、日常の出来事等、
好きなことを好きなように書かせてもらってます♪
さんちゃん's カフェは、年中無休です。(笑) 
ゆっくりしてってね☆

きゅんのすけclock&Birthdayboad

植林活動♪

ブログのおるすばん

グーバーウォーク♪

blogram投票ボタン

この木なんの木♪

ひよこ様占い

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

ブログ開始から何日め?

旧さんちゃんの落書き帳から、 今までの日数を表示します☆

お星様のダンス☆

ダジャレ図鑑

ハムちゃんずからメッセージ♪

LINKS♪

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

つぶやき♪

淳之介てんてい♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。