10
TOP IMAGE
http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/

2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休日の道路って、気持ちいい!

なんせ、車が走ってませんから!(笑)











空き空きの道路を走るのって、気分いいです!(もちろん、車でだよー。)
ええ、たとえ向かう先が仕事場でも。(笑)











世間一般の3連休の最終日も、さんちゃんはお仕事に行ってました。
ハイ、今日もとっても時間に余裕がありましたぴょん。(←物は言いよう。)












時間に余裕があると、いろ~んな考えが頭に浮かんでくるものです。
昔のように妄想はしませんが(笑)、今日なんとなく考えたことを、ちょっこし書かせてもらおうと思います。













まぁ、考えるきっかけになったのは、もう古い話題になってしまうかもしれませんが、田口くんのマニュアルを読んだことなんだけどね。
ささっといろんなところを読ませてもらっただけでも、賛否両論いろいろありました。

で、私が思ったことを、いつものように、多分途中で何を言いたいのかわからなくなりそうではあるのですが(とほほ)、つらつらと綴ってみたいと思いまして…。













唐突ですが昔は私、仕事というと、そこに『生きがいが伴うもの』だと思ってました。(なんだ、いきなり!)
うーんと、仕事が趣味です!って言えるほどに、その仕事が好きで、やりがいがあると感じられるものであるべきだ、と…。

自分に合う(それは、『天性』とか『天分』だと言ってもいいかもしれません)、やりがいのある仕事を見つけて、それを一生できることが、しあわせだと…。

今思えば、なんと不遜な…というか傲慢なことを考えていたなぁ、と思います。
そして、そんな仕事に出逢えることのほうが、稀なことなのかもしれないなと。

ついでに言うと、今の私は、仕事はあくまでも自分がやりたいことをするため、生きるために必要なお金を得るための手段であり、生きる目的ではないと思っています。


そして実は、どんな職場にいても、どんな内容の仕事をしていても『その場で与えられた仕事をきっちりこなす』ことが、仕事をするというなんだろうね。
ただなんとなくするのではなく、これをすることで誰かが助かるように、誰かが喜ぶように、且つ、自分も満足できるような方法を考えながら、自分にしかできないオリジナリティを追求するっていうことが、どんな職業に於いても共通する事項だと思うんです。

例えば、お茶汲みやコピーを『雑用』だと思う人が居るとしたら、もしかすると、ちょっと考え方を変えたらいいんじゃないかと思うんですね。

お茶汲みなら、お茶を出す相手が今どんな状況にいるから、こんなふうにしてみようか、とかを考える。
例えば、今日はちょっとお疲れのようだから、少し甘めにしてみようか、とか。
この人は猫舌だから、少し冷ましてから出そうか、とか。
今この人は外から帰ってきたばっかりだから、冷たいお絞りを一緒につけてみようか、とか。

そういった小さな心配りが出来て、それがその相手に喜ばれたら、それはもう『雑用』ではなくて、『プロの仕事』になるんじゃないかなと。

コピーにしても、こんなふうにしたら、あとからまとめやすいんじゃないかとか(最近のコピー機は、製本までしてくれるような優秀なものが多いから、もうあんまり関係ないかもしれませんが)、さ。
どんな小さな仕事でも『雑用』とは思わずに、その向こうにあること、いる人のことを考えてすれば、それは立派な仕事になるわけで、そういう小さなことを『雑用』と思っているうちは、その人は一人前にはなれないと思います。

…な~んてことは、正社員でもパートでも派遣でも働いたことがある今だからこそ、気づけたことなんですけどね。

なんでそんなにいろんなことをしてきたか、っていうのを語り始めると長くなって、今日の話題とは脱線しまくるので省きますが、結論として私は、職業とか仕事とかって、一生のうちに1つ、1社でないといけないとは思っていませんの。思ってたら、こんなにいろんなところで働いてないし!(笑)






なので、いくらアイドルだからといって、『アイドルだからこうでなきゃいけない』とか『こうあるべきだ』っていう思いが、私にはあんまりないんですね。(そこに行くのかー!)
逆に、『アイドルであるっていうことを決められて、ガチガチのワクにハメられて、自分の意志でいろんなことを決められないのは、惨いよなぁ…』と思うわけです。

だから、赤西くんがKAT-TUNから離れたときも、『その選択肢も、アリでしょう』って、割と冷静に受け止められたんだと思います。
彼らにだって、仕事や自分の人生を選ぶ権利はあるはずだもの!










…ってところでようやく本題に入れるわけですけども(いつもながらに、前置きが長いなぁ! 笑)、今回の田口くんの『文句を言うなら自分でやってみなさい』発言について。

この一文はねぇ…、一人の人間としては、至極一般的な、普通なものだよね…と思ったんですよね、私。

最初は、赤西くんファンのお友達からもらったメールを読んでたおかげか(笑)、田口くんのマニュアル、赤西くんへのエールの部分しか印象に強く残らなかったため、まず初めに感じたのが『感動したなぁ!』っていうことだったの。

それで、あとからゆっくり読み返してみた時初めてこの部分に気がついて、『あらっ! 田口くんったら、どうしたの? なんでこんなこと言ってるのかしら。なにかイヤなことでもあったのかしら?』って思ったわけです。
その後に湧いてきた感情が、『あっちゃ~。けど、”プロ”としては、それを言うちゃあ、いかんじゃろ~?』というものでした。『こりゃいかん! これは、プロとしては絶対、公の場で言ったらいけん言葉よ!!』って思ったものです。
もしかしたら、もっと別のことに対して言えないことがあるから、こんな書き方をしたのかしら?と裏を読むというか、勘繰った読み方もしてしまったのだけどね。たはは。

でも、よくよく考えると、一個人としては、よくある感情というか、思っても当然かもしれない、とっても人間らしい感情かもしれないなぁ、っていう感じもしたんです。












昔、田口くんに全力で恋(それを世間一般では、”擬似恋愛”という。)してた頃は、現実、目の前で観る田口くん(もちろん、コンサートという、彼にとっての『仕事』の場での田口くんに過ぎませんが…)に、多分(いや絶対?)、自分の理想の男の子像を全て注ぎ込んで、『私の理想で創り上げた偶像の田口淳之介』に夢中だったんだと思います。

いや、ある意味それが『偶像(アイドル)』なわけですから、私は至極当たり前というか、ある面から見れば『まっとうなファン』だったのかもしれない…と今は思いますが。
そして、憧れのブロガーさんが描かれる漫画の田口くんのことも、こよなく愛していました。(笑)

ほんと、ものすごい勝手な思い込みで、勝手に田口淳之介像を創り上げてたわけですよね。
実際の田口くんがどんな男の子かなんか、知りもせずに。(もちろん、知ることなんて出来ないわけですけども…)たはは。









その頃は、例えば田口くんが、朝起きたときに一番にどんなことをするのかとか、靴下はどっちの足から履くのかとか、そういったことも勝手に妄想して、まさに自分だけの世界の中で、田口くんが自分だけに微笑んでくれているところまで明瞭に妄想し、遊んでたわけです。遊んでたといっても、けっこう本気で?(笑)
ああ、イタイお話です。

でも、現実の田口くんの恋愛話(いや、そうはいっても、ホントのことはわかりませんよ? 実際に現場を見たわけじゃありませんし、実際の田口くんの気持ちなんて、知る術はないのですから)を生々しく見せつけられた(と、自分的には感じた)ときに、私の擬似恋愛は、あっけなく終わりました。
そうは言っても、ものすっっっごい、大失恋でした。
初期の頃からここを読んでくださってた方には、その気持ちの変遷は目に見えていたことだと思います。(笑)

かつて、フミヤさんが結婚したときなんてのは比べ物にならないくらいの、痛手でした。(あの頃より、ずっといい年だったのにねー。たはは。けど、フミヤさんの恋愛話は知っていたし、どちらかというと、その彼女となら文句ないわ!っていう感じで応援してたので、割と平気だったんですよね。)

実際に出逢えるわけでもない相手に、しかも、自分自身で『擬似恋愛』だとハッキリわかっている相手にそういう想いを抱くことが心底不毛に思えて来たため、この際そういうものはキッパリ捨てて、あるときから私は、プロのパフォーマーとしての田口淳之介の、本当の意味でのファンになろうと決心して、それはある程度成功したと自分では思っています。

それでもやっぱり時々(雑誌やラジオで、そこはかとなく私生活を匂わすような発言をしてるのを目にしたり聞いたりしたときは)、切ないような想いになることも、あるんですけどね…。それはやっぱり、恋していた頃の残滓(差し詰め、”さんちゃんB”ちゃんですかね? 笑)がそうさせるんだろうなぁって分析してます。
そうそうたやすく消し切れないほどに、大好きでしたから。












田口くんへの想いの変遷はそんな感じなわけですけれども、今回の発言に関して私が感じたのは、

『プロとしてはどうかと思うけど、一人の人間としては、わかんないでもないなぁ、その気持ち』というものでした。

もちろん、アイドルとしての田口淳之介が大好きな私としては、そのへんはプロに徹底してもらいたいという気持ちもあります。
けど、彼も、プロのアイドルである前に、一人の人間だからなぁ…って思う気持ちもあるわけです。

そういう、『素』の部分を見たかった時期も実際あったわけだしね。そう、恋してた頃は、ね。

お休みの日は、どんなことをして過ごすのかな、とか。
お散歩するときは、どんな速さで歩くのかな、とか。
寝起きの顔はどんな感じなのかな、とか。

絶対的にいつも『プロ』であってくれる彼ではなく、自分の前でだけ見せてくれる顔を想像して、くすぐったいような照れくさいような、そんな気分になったことって、誰でも多かれ少なかれ、あるんじゃないかなぁ?
まぁもともと、アイドルに擬似恋愛なんてしない!っていう人もいらっしゃるだろうから、全員に当てはまることだとは思ってませんが…。







ただ、私の中の、常識的な部分っていうのかしら?
『プロたるもの、こうあるべきだ』とか、『こうしなくちゃならない』っていう要求的なところも、もちろんあるので、そういう部分では『なにやってんの!』って思ったりもしてるんですよ。

アイドルなんかじゃない、ごくごく普通の一般人の私でさえも、特に誰から注目される仕事をしているわけでなくても、仕事をしてるときの自分と仕事から離れたときの自分って、やっぱりどこか違うわけですよ。

仕事のときは、それなりに理性も働くし(時々、カッとなることもあるけれど。たはは。←未熟者ですから。)、仕事から離れたときの自分よりも、規律がありますからねぇ。

そういう意味では、『ああ、プロとしては、残念なことを言ってしまったな…』という残念な思いは、やっぱりあるんですね。
うーん、人間って、複雑~~~。










簡単に、白か黒かがわかれば、苦労はないんだけどね。

数式みたいに、必ずひとつの答えが出るわけでもないからなぁ。
けど、だからおもしろい、っていうところもあると思うんです。人生って。(いきなり、そこまで飛ぶ?)












………で。


ほ~らやっぱり、話の着地点を見失ってるー!(笑)

私って、いっつもそうです。長々と自分の気持ちを語ろうとすると、どこに行きたかったのか、最終的にじゃあ何が言いたかったの?っていうところが、わかんなくなっちゃうんですよ。

そして、書きながら初めて気づくことも、あったりするんです。

へー、私、こんなこと考えてたのか~とか。
逆に、書くことで、ひとつの思いをもっと深く掘り下げていく結果になることもあったりします。

自分の想いを見つめなおすのにも、日記を書くことって、けっこういいですね。(結論、そこ?)











なんだかよくわかんなくなってしまいましたが(ほんと、いつものことで、すんません)、書くことで、より自分自身でいろんなことを考えられたので、よかったです。

まぁ要するに、人って一面からだけ見て判断するもんじゃないよね、ってことが言いたかったのかな。
田口くんがマニュアルを書いた、っていうそれだけのことで、こんなにもいろんな感情が湧き上がってくるわけですから…。
そして結局のところ、そういう田口くんも、これからも応援して行こうという気持ちに変わりありません、っていうところかな。


ほんっと、無駄に長々と、すみません。
ここまでおつきあいいただいた方、ありがとうございました。(いつも思うんだけど、長文のときって、途中で読むのがイヤになって、読むのをやめちゃう人もいるんだろうなぁ。ほんと、申し訳ないことです。)













さーて。
皆さまは明日から新たな1週間が始まる人が多いのでしょうが、私は、明日もう1日仕事に行ったら、とりあえずあさってはお休みですよーぅ!! そしてまた1日仕事したら、次の日はお休みです。
あ、飛び石なんだ~。(←今頃気づく。)

こういう変則的な休みにも、いい加減慣れてきました。

慣れてくると、人が働いてるときに休める快感というものを味わえるものです。(そのかわり、人が休んでるときに働いてたりするわけだけど。笑)

そして、金曜日から4日ほどジムを休んだので、明日には張り切って行きたいと思います!
さーて、思いっきり動くぞー! おーっ!!













お休みの日、雨でもいいけど、晴れたらいいなぁ!













あ、そしてやっぱり今日も、お昼休憩のカウントダウン3分間は、やっぱり辛かったです。(笑)
でも、だからこそ、お昼休みがありがたくて、お弁当も美味しいんだよね♪ うふふ。
















● COMMENT ●

おはようございます♪

瑠璃亜さん♪
ほんと、人それぞれですよね。
どう受け止めてもその人のことですよね。
私も、自分の考えを誰かに強要しようと思って書いたわけではないし、自分と違う考えの人に反論するつもりもありません。
それにしても、ホント、有名人って大変ですよね。
たった一言の発言で、こんなにもたくさんの人が一喜一憂するんだもんなぁ…。


みなぷうさん♪
みなぷうさんが特別にあまいとかってことは、ないと思いますよ♪
ほんと、いろんな意見がありますよね。v-356
言葉を選ぶのって、難しいです。


ともみんさん♪
お久しぶりです。昨日ちょうど、ともみんさん元気かな~って思ってたので、ちょっこしビックリしました。
以心伝心ですかねぇ?

私のような一般人でも、言葉を選ぶことには慎重にならないといけないなって思います。
曲がりなりにもブログなんてものをやって、自己表現の場を持つからには、自分が発する言葉には責任を持たないといけないなって思いますもん。

田口くんへの思いに関しては、究極は、ともみんさんの言われてるところに行き着く気がするな~。

お久しぶりです

ファンをやっていると、皆さん いろんな考えを持って応援しているから、一言では言えないけれど、田口くんに何を求めてるか?みたいな物が根底にあるのかな?
今回のマニュアル、私はそんなに悪い方には取らなかった。
言葉って難しいですよね、自分はこう言うつもりで発言したのに、全く違うふうに取られたりしてしまう。

私は、とにかく田口くんが健康で、あのダンスと笑顔をなるべく沢山みせてくれる事を願っている…
お仕事を頑張ってって願ってます。

う~ん!?

今回のマニュ・・・私が疎いのかなんでみんなそんなに攻めるの~ってカンジです!

言葉の端々を引っ張ってきてあーだこーだ言ったって、じゅんのにはそんな深い意味はないと思うんだけどな~・・・甘いかな~v-356


私も さんちゃんと似たような考えです
確かに 淳マニュに うーんとくる所もありましたが 多分 それは 偉そうに あーだ こーだ という人に対して言ったんじゃないかなと思います
だけど 私もじゅんのに 田口淳之介はこうでなくてはならない とか こんな田口淳之介はいやだ とか 決めつけるはどうかと思いますし プロだから って決めつけてしまう とありのままの田口淳之介が見れないと思います
私は 今回の淳マニュには 目くじらを立てる要素はないと思います が 人それぞれですので なんとも言えません

No title

a.m.さん♪
そうですか~。
a.m.さんは今、そんなふうに思ってらっしゃるんですね。まぁ人それぞれですし、それはそれでいいんじゃないですかねー?
前からちょっと思ってたんですが、a.m.さん、ご自分でブログを持たれたらいかがですかねぇ…?
自分の想いを自由に書ける場所があると救われることもあるし、a.m.さんほどご自分の意見をちゃんと持たれた方は、そのほうがいいような気がしますよー。


かなみさん♪
えっと…、はじめまして。(ですよね?)

初めてコメントを下さる方から、前置きなく意見を言われることは滅多にないので、一瞬面食らってしまいました。v-356 
皆さん大抵、『はじめまして』とか言って下さるので…。

かなみさんは、そんなふうに感じられたんですね。
おっしゃることはわかりますが、それに対して何とお返事をしたらいいか、正直私にはわかりません。
考え方は、人それぞれ。きっと、正解も不正解もないと思いますし…。
私は田口くん本人でもなければマネージャーでもお母さんでもないので、田口くんへの意見を言われても、私にはどうすることも出来ないですしね。
こんな言い方は失礼かもしれませんが、ほかになんて言ったらいいかわからないので、ごめんなさい。

ただ、私がいつも思うのは、他人を変えることは誰にも出来ないので、自分の気持ちを変えることでしか怒りを抑えることも悲しみから立ち直ることも出来ないんじゃないかということです。
私は、自分が嫌な思いを長い間引きずるのがイヤなので、気持ちを切り替えようと思って、いろんな方面から物事を見るようにしているだけなんです。

それにしても、かなみさんの言い回しというか言葉の使い方が、私の知っている人にとてもよく似ていたので、そのことに少し驚きました。
似たようなことを考えてらっしゃる方って、何人もいらっしゃるものなんですね。v-356

No title

確かに今回の件では、賛否両論でしたね。恒例の件にしろマニュにしろ私個人の意見ですが田口淳之介個人に失望と怒りを感じました。アイドルでも人間なので恋愛は自由です。でも、彼の場合はもう少し考えて行動と発言をしたら良かったのではないのでしょうか。

今年はコンサートでKAT-TUNを今までで一番近く感じ楽しいコンサートでした。だから余計残念です。
今年位なんとかならなかったのかと思います。
マニュでのあの一言・・・。あの人とそっくりな言い方
彼はそういう存在をあまり隠さずオープンにしてる様に感じずにはいれません。
雑誌、ラジオでの発言 恒例行事どの様に考えているのでしょうか?これで個人の仕事が減るのは自業自得ですが、メンバーの足を引っ張るようにならない様願わずにはいれません。

私にも、私が勝手に思い描く理想の田口淳之介像があります。 田口くん自身にも、きっと自分がこうなりたいっていうイメージがあると思う。 今の田口くんと田口くんのなりたい田口くんは、私の理想のイメージとは違う気がします。でも、何故か今は穏やかな気持ちで、田口くんは田口くんのやりたいようにやればいいや、って思えるんですよ~ また気持ちは変わるかもしれませんけどね

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/tb.php/3490-49e30910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

つまるところは… «  | BLOG TOP |  » 待つのがつらい3分間(笑)

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

日々のちいさなしあわせに、ありがとう!

生まれてきて良かった。 あなたに会えて良かった。

私が私で良かった。 あなたがあなたで良かった。

Presented by KAT-TUN

KAT-TUN is always %together with us.

さんちゃん

田口淳之介君とKAT-TUNが大好きです。 イラストと文章で、地味に応援していきたいと思います。

さんちゃん

Author:さんちゃん
”ありがとう教”所属、さんちゃんと申します。(はぁ!?)
KAT-TUNのこと、田口くんのイラスト、日常の出来事等、
好きなことを好きなように書かせてもらってます♪
さんちゃん's カフェは、年中無休です。(笑) 
ゆっくりしてってね☆

きゅんのすけclock&Birthdayboad

植林活動♪

ブログのおるすばん

グーバーウォーク♪

blogram投票ボタン

この木なんの木♪

ひよこ様占い

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

ブログ開始から何日め?

旧さんちゃんの落書き帳から、 今までの日数を表示します☆

お星様のダンス☆

ダジャレ図鑑

ハムちゃんずからメッセージ♪

LINKS♪

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

つぶやき♪

淳之介てんてい♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。