06
TOP IMAGE
http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/

2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでいいのだ!

ハム太郎でも、バ○ボンのパパでもなく。(笑)










今日も、成田美名子先生の作品を指南書に…。(笑)

今日の作品は、ALEXANDRITE(アレクサンドライト)です。










主人公のアレックス・レヴァインの台詞なんですけど…。

レヴァインは、すっごいキレイなお顔の男の子で、そのキレイなお顔がコンプレックス。(もったいない話だ! 笑)
悩み事が多くて、よく立ち止まったり落ち込んだりしてしまうんだけど、信頼する友達や大好きな幼馴染の女の子に助けられて成長していく、アメリカン・ハイスクールストーリーなわけですよ。

で、レヴァインには苦手とする、チャーリーという友人(っていうのかな?)が居て、チャーリーとの関係でも、いろいろ苦悩するんじゃわ。









あるときN☆Yシティマラソンに参加したレヴァインが、42.195kmを走りきった後に考える独白の部分の台詞に、今日は救われたのでした。







この中を
チャーリーも走ってるのか

ふだんいがみ合ってたやつも
明日は殺しあうかもしれないやつも


ちくしょー
N.Y.

好きだぜ!


こいつらが大好きだ


でもってやっぱり
チャーリーは気にくわないのさ


それでいいのだ








この台詞が読みたくて、2巻を本棚から引っ張り出して、おフロで読みました。(笑)

人間さぁ、光の中だけで生きてるわけじゃないんだもん。

出逢った全ての人を好きになるのも無理だし、もちろん、全ての人から好きになってもらえるかっていったら、そんなことも絶対無理だもん。













忘れもしない専門学校の卒業式の日、副担任だった女の先生と話していたとき、こんなことを言われたんです。

『誰もがねぇ、あなたのように、光のあたるところだけで、村の青年団のような明るくて正しいだけの生き方なんて、出来ないのよ』

って。










はぁ!?
なにゆーとるん、この先生!?

って思ったんだけど、なんせ淳粋無垢なハタチの頃のお話です。
あまりに唐突で、咄嗟に言葉が出てきませんでした。
そして、その代わりに、ぶわっと涙が出たりして。(笑)

今なら堂々と、言えるのになぁ。






そんなこと、あるわけないじゃないですか! 世界には、光があれば闇があるんですよ。
朝があれば夜もあるし、夏があれば冬もあるんです。
光の中だけで生きてる、一点の曇りも翳りもない人間なんか、居るわけないじゃないですか!
居るとしたら、その人は、神様か仏様の化身ですよ。
私のどんな部分を観てそう思われたのか知りませんが、ひっでー言いがかりですわよ。
私だって、清く明るく美しく楽しくしあわせでいたいけど、気づいたら、暗くなることもあるし、醜いことを考えることもあるし、自分のことがイヤになることだってありますよ。
変な言いがかり、やめてもらえます!?






ってな。(ちぃとも自慢にならんお話ではあるが…。)









そりゃそうやがな。
誰だって、いつもかつも、平穏な心持でいられやしませんがな。

全てを悟ることができれば、そのときはもう、現世での修業は終わりましたね、ってことで天に召されるわ!

だから私は、自分の中の闇を認めて、受け容れて、その上で光のほうを向いて歩いていきたいと思います。











実は今日も、言わなくていいことを言わなくていい人に言っちゃった、っていう大失敗をしたんです~…。
ほんまにほんまに、失敗でした。

なんであんなこと言ったのかなぁ…???

でも、それも自分がそうやってシナリオに書いてたっていうことなんだろうなぁ・・・。













正観さんの言われてるところの、『人をいちばん成長させるのは、賞賛50パーセントと批判50パーセント』っていう言葉に、私は深い共感を覚えます。

すべての人に賞賛されると、それ以上の進歩がなくなってしまう。
すべての人から批判されると、生きる気力がなくなってしまう。

だから、人は生まれてくるときに、お互いに、『あなたは、私のことを批判する人になってくださいね。』とお願いして、『はい、私はあなたほ批判するひとになりましょう。』と約束をしてくるそうです。








人を批判なんて、出来ればしたくないですよね。
けれど、その人は、あえてその辛い役を、自分のために引き受けてくれた人なんだそうです。
そう考えたら、どうしても好きとは思えなかったとしても、ウマが合わなかったとしても、仲良くなんて絶対出来ないと思ったとしても、感謝をすることは出来ますよね。

ついつい、そういうことを忘れて、ただただ『苦手』という部分が表面化されてきちゃうものですけれど、普段はともかく、こういうバイオリズムが低下してるようなときには、今一度思い出して、今一度自分の中で咀嚼して取り込みなおせたらいいかもしれないな、って思った今日でした。

うん、ほんまに、教訓だー。














話は変わって。

昨夜、年賀ハガキをイッキに仕上げてしまおうと思ってプリントアウトしてたのですが~。

失敗もなく淳調に進んでいたのですが、あるところでちょっこし気を抜いたときに、7枚ほど、表側に裏面の印刷をしてしまったため、ハガキが足りなくなりました。(くすん)

その後は、黄色のインクがなくなったため、印刷も出来なくなりました。
かちょーーーん…。

どちらも手配したので、インクが届いたらまた、作業を再開しよう!
あーん、せっかく顔晴ってたのにーーー。(3週分たまってた、Q10を観ながらやりました。もう、たけるんがかわいすぎて、キュンキュンしました~!!! 調子に乗って観てたら、カメちゃんを観るのをすっかり忘れてました。ごめんよー、カメたん・・・泣)













さーて、このネガティブキャンペーン、いつまで続くのかな~。

まぁ、これもシナリオ通りなんでしょうから、この際とことん、自分の中の闇とおつきあいしてみようと思います。

だって、そんな私も、私だし。












それでいいのだ。













(笑)














● COMMENT ●

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lovelyjunno.blog62.fc2.com/tb.php/3584-ce49e380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでいいのだ!(BlogPet) «  | BLOG TOP |  » ときには静かに、影の声を聞こう

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

日々のちいさなしあわせに、ありがとう!

生まれてきて良かった。 あなたに会えて良かった。

私が私で良かった。 あなたがあなたで良かった。

Presented by KAT-TUN

KAT-TUN is always %together with us.

さんちゃん

田口淳之介君とKAT-TUNが大好きです。 イラストと文章で、地味に応援していきたいと思います。

さんちゃん

Author:さんちゃん
”ありがとう教”所属、さんちゃんと申します。(はぁ!?)
KAT-TUNのこと、田口くんのイラスト、日常の出来事等、
好きなことを好きなように書かせてもらってます♪
さんちゃん's カフェは、年中無休です。(笑) 
ゆっくりしてってね☆

きゅんのすけclock&Birthdayboad

植林活動♪

ブログのおるすばん

グーバーウォーク♪

blogram投票ボタン

この木なんの木♪

ひよこ様占い

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

ブログ開始から何日め?

旧さんちゃんの落書き帳から、 今までの日数を表示します☆

お星様のダンス☆

ダジャレ図鑑

ハムちゃんずからメッセージ♪

LINKS♪

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索

つぶやき♪

淳之介てんてい♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。